2011年3月11日(金)の15時頃に発生した「東日本大震災」の影響により、関東圏では大規模な輪番停電が起きましたよね。事業所や住宅街の多い東京23区内でも、時間を定めて順次停電作業がおこなわれました。

その結果、関東圏に住んでいる人は「いかに電気が重要か」を学んだことでしょう。また関東圏以外の人達も、そういったニュースをテレビなどを通じて見聞きしたと思うので、いつ自分達が同じ状況を味わうのかを意識するようになったはずです。

こういった背景や影響もあり、ソーラーパネルを搭載した住宅やマンションが最近では非常に増えたと言えます。ソーラー住宅は予備電源を太陽の力によって賄うことが可能ですので、停電などの際には、その威力を発揮できるでしょう。

ちなみにソーラーパネルは住宅の屋根部分に設置する製品ですが、ソーラーライトと呼ばれる街灯も販売されていることを知っていましたか?ソーラーライトに関しては、あまり多くの業者が扱っていないため、もしかしたら初めて聞く人もいらっしゃるかもしれませんね。

ソーラーシステム(照明・ライト・タイル・LED)、東和産業株式会社で扱っているので、興味があれば取り扱い製品を見てください。ソーラーライトを庭などに設置すれば、電気代をかけずに防犯対策もおこなるため、使い方は色々とあるでしょう。

ソーラーライトの東和産業のオフィシャルHPはコチラから!